長年蓄積された経験と技術力で、道路・上下水道工事、鉄道や橋梁関連、河川・護岸など、多岐にわたる分野の基礎工事に携わっています。従来からの工法に加え、技術開発や新工法へも積極的に取り組んでいるため、工種・工法選択肢が豊富で、工期に穴を空けない、スピーディな対応が可能。実際、東京スカイツリー周辺の人道橋の基礎工事では、住宅側とスカイツリー側で工法を使い分け、計4本の杭それぞれに異なる工法を採用しました。工事周辺の環境にも配慮した工事体制と施工管理により、「適材適所の基礎工事」を実現できるのが、タカワキの強みなのです。近年では、仙台工事事務所を拠点とした東日本大震災の復旧工事をはじめ、災害復旧への積極的な協力を通じて、社会貢献にも寄与しています。

主な取り扱い工種
●バイブロハンマー工法
●鋼矢板圧入工法
●その他各種杭打抜き工事
●仮設構台・仮桟橋組立解体工事
●山留支保工組立解体工事
●場所打ち杭
●鉄管杭打設引抜工事
●地中障害物撤去

安全管理
 無事故・無災害は、すべての工事関係者の願いであると同時に、片時の油断も許されない命題であることはいうまでもありません。タカワキでは、より安全な作業を実現するために、徹底した安全管理と事故の予知活動を行っています。

工事体制
 タカワキならではの新工法の採用により、「SQCD」を基本に、環境に配慮し、騒音やCO2の排出抑制、省エネルギーを実現した工事を行っています。また、工事を効率良くスムーズに、安全に進めていくために、営業課・工事課および施行管理課が常に目的を確認しあい、十分なコンセンサスを保ち、あらゆる状況下で臨機応変に対応できる体制を整えています。

営業エリア
 タカワキは、北本・川口・佐野の3ヵ所に設置した営業所を中心に、関東一円をその営業エリアとしています。
 それぞれの営業所では、機材の輸送や施工計画・工程管理などの業務を、迅速かつ効率的に行うだけでなく、常にお客様とコンタクトを密にとり、さまざまなニーズに対して、細やかな対応ができるように努めています。
 また、特殊工法の営業および管理においては、関東近郊以外にも、全国各地で技術部を中心に最新独自工法の普及を推進し、その施工実績は年々拡大しています。